前髪の薄毛を隠して育毛しよう!前髪の薄毛をカバーできるヘアスタイルとは

ツーブロックで凛々しい印象に

AGAの症状は、生え際や頭頂部などに現れやすいといわれています。前髪が少なくなり髪型が決まらない、上手に隠せないとお悩みの方も多いでしょう。前髪の薄毛を上手にカバーするためには、どういったヘアスタイルを選ぶべきでしょうか。額など生え際が薄毛となっている場合、襟足や耳周りの髪をなるべくスッキリと見せた方が良い、といわれています。他の部分をスッキリと見せることで、相対的に前髪を多く見せることができるためです。後ろを短く刈り込むツーブロックは、前髪が薄い方に適したヘアスタイルだといえるでしょう。ワックス等を使い、前髪部分をあえて立ち上げるようにスタイリングすることで、男性らしい凛々しい印象を作ることができます。

毛先をちらしてボリュームをコントロール

前髪や頭頂部の髪をきちんとまとめすぎてしまうと、ボリュームの少なさが目立ってしまうこともあるため、注意が必要です。髪全体にある程度長さがあるのなら、毛先をちらすようにスタイリングを行いましょう。ワックスやヘアスプレーを髪になじませ、全体に動きを付けるようにスタイリングすれば、見た目のボリューム感をアップすることができます。髪質がストレートで癖を付けにくいという場合、パーマをかけてみるのもおすすめです。根元から立ち上がるようにパーマをかければ、ヘアスタイルに立体感が生まれ、毛量の少なさが目立ちにくくなるでしょう。またやや明るめのカラーリングを施すと、見た目の印象が華やかになり、薄毛に気づかれにくくなります。