AGAのはげかたの種類は3種類!それぞれの特徴とは

薄毛や抜け毛の原因は加齢や遺伝だけではない

髪のトラブルで多いのは薄毛や抜け毛などですが、最近ではAGAと呼ばれる症状で悩む人もかなり増えています。人は年を重ねていけばどうしても髪が薄くなってしまうこともあるわけです。高齢になっても髪は健在という人も確かにいますが、大概は薄くなっていく場合が多いでしょう。AGAは比較的に若い人たちが薄毛になってしまうという症状で、ある程度年を重ねた方に対して使われることはありません。これは加齢で髪が薄くなるのはある意味では当然だという考えがあるからです。このAGAの症状には大きく分けて3つのケースあります。原因は一つだけではなく多岐に渡る場合もありますので、対策はそれぞれの状況に適切な方法で行うことが望ましいでしょう。

AGAの症状は大きく3つに分かれる

AGAの症状には3種類あり、その一つがM字型ハゲと呼ばれるものです。これは典型的なAGAの症状で、日本人にはよく見かけることが多い症状でもあります。主な原因となるものは男性ホルモンで、酷くなる前に何らかの処置が必要です。 それから頭の頭頂部から薄くなっていくO字型ハゲという症状もあります。このタイプも多く見かけることがあり、改善するには生活習慣を根底から見直すことが必要になります。たとえば、脂っこい食事をしていたり、喫煙が常習化していたりすると血流が滞る原因になってAGAに至ることもあるわけです。 さらにU字型ハゲというのも少なくありません。主な原因は生活習慣の乱れやストレスからきています。改善するには生活習慣を見直し、ストレスを自分なりに解消できるようにすることが大事です。