前髪が薄いのはどうして?M字ハゲとAGAの関係とは

男性ホルモンの影響による薄毛

若々しさを維持するためには、髪のボリュームがしっかりとあることも大事ですが、若い世代でも髪が薄くなった細くなったなどの悩みを抱える人は少なくありません。男性の場合は頭頂部や生え際部分から薄くなることが多くなっていますが、前髪が薄くなったと感じた人はAGAが進行している可能性があります。男性型脱毛症はジヒドロテストステロンと呼ばれる強力な男性ホルモンによって引き起こされると言われています。 それゆえ、進行を抑えるためにはジヒドロテストステロンの発生を防ぐ治療が必要となります。かつては治療でも薄毛の進行を抑えるのは難しいとされていましたが、現在では良い治療が登場し多くの人が悩みを解消できる時代となりました。放置しているとさらに薄毛が進む可能性がありますので、変化に気づいたら早めに対処したいところです。

ストレスや生活の乱れ

薄毛を進行させる原因は男性ホルモンの影響は大きいと言えますが、改善のためには他にも原因がないか調べておきたいところです。薄毛は遺伝的な要素もありますので、親族に薄毛の人が多い場合は早めの対策がおすすめです。さらに精神的なストレスも血行を悪くし、薄毛を進行させやすいと言われています。この他では睡眠不足や過度な飲酒や喫煙などの乱れた生活習慣も髪に悪い影響を与える可能性があります。 ヘアカラーやパーマもおしゃれに役立ちますが、抜け毛が進行している際は刺激となりますので控えたほうが無難です。シャンプーや整髪料が合わないことも薄毛を進行させる可能性がありますので、頭皮やかゆみや赤みが発生している場合は選び直してみましょう。髪には栄養も必要ですので、無理なダイエットや偏食で栄養不足になっている人は食事の見直しも行いたいところです。